DEPOレシピ

ピンクが可愛い春のお菓子『桜のしましまロールケーキ』

ピンクが可愛い春のお菓子『桜のしましまロールケーキ』

暖かくなると、桜のお菓子を作りたくなりますね。桜のお菓子というと和菓子のイメージがありますが、ケーキなどの洋菓子と合わせても相性が良いのですよ。
今回ご紹介するのは、スポンジにもクリームにも桜をあしらったロールケーキです。優しい甘さの中にほんのり塩気がアクセントになって、上品なお味に仕上がります。温かい日本茶を入れて、春を感じながら召し上がって下さいね。

 

『桜のしましまロールケーキ』材料(20cm×20cm焼き型1個分)

生地材料

焼き菓子用薄力粉

70g

グラニュー糖

90g

桜パウダー

10g

M4個

バター

20g

牛乳

30ml

   

 

桜クリーム材料

生クリーム 

200ml

グラニュー糖

15g

桜パウダー

10g

 

トッピング材料

シュガーパウダー ノンウェット(ピンク)

適量

さくらの花(塩漬け)

適量

 
製菓材料DEPO

 

準備しておくこと

・薄力粉は40g(A)と30g(B)に分けそれぞれふるいにかける。
・(B)に桜パウダー10gを加える。
・バターは600wの電子レンジで50秒加熱して溶かし、牛乳と混ぜ合わせておく。
・焼き型にオーブンシートを敷いておく(中心に斜め線の折り目をつけておく)。
・絞り袋に1cmの丸金口をつけておく。

 

『桜のしましまロールケーキ』作り方

1. 卵を卵黄と卵白に分けそれぞれボールに入れる。卵黄のボールにグラニュー糖30gを加え、ホイッパーで白っぽくなるまで混ぜる。卵白のボールに残りのグラニュー糖60gを加え電動ミキサーで九分立てのメレンゲにする。

2. (A)のボールに1の卵黄1/2、溶かしバターと牛乳を混ぜ合わせたもの1/2を加えヘラで混ぜ合わせる。(B)のボールに残りの卵黄1/2、溶かしバターと牛乳を混ぜ合わせたもの1/2を加え同様に混ぜ合わせる。

3. 1のメレンゲを(A)(B)にそれぞれ半量ずつ加え、泡を潰さないよう下からすくいあげるように混ぜ合わせる。オーブンを160℃に予熱する。

4. 3をそれぞれ1cmの丸金口をつけた絞り袋に入れる。オーブンシートを敷いた焼き型に(A)と(B)を一列おきに斜めに絞る。(オーブンシートの中心に斜め線の折り目をつけておくと絞りやすい)160℃のオーブンで15分程焼く。

5. 桜クリームを作る。ボールに生クリーム、グラニュー糖、桜パウダーを入れ電動ミキサーで七分立てにする。

6. 焼いた生地は粗熱をとり、丁寧にオーブンシートをはがす。新しいオーブンシートの上に、焼き目がついた面を上にして生地を置き、桜クリームを塗る。(向こう1cmは塗らずにあけておく。)生地を巻いて巻き終わりを下にしてオーブンシートで包み、さらに上からラップをして冷蔵庫で1時間以上休ませる。

7. デコレーションをする。ロールケーキをカットし、余った桜クリームを1cmの丸金口をつけた絞り袋に入れロールケーキの上に絞る。上に塩抜きしたさくらの花を飾り、シュガーパウダー(ピンク)を振りかけて完成。

 

『桜のしましまロールケーキ』ポイント

・絞り袋の用意や焼き型にオーブンシートを敷く作業など、事前に準備しておくとスムーズに作れます。

 
(準備時間  20分/調理時間  1時間30分)

 
レシピ/ akari
4歳、1歳 兄妹の母。フードスタイリスト、食育メニュープランナー。野菜をたくさん取り入れること、旬のものを食べて四季を楽しむこと をモットーに毎日料理しています。instagramには、家族の為に作った日々の御飯を投稿しています。

このレシピのキーワード

このレシピで使用している材料はこちらからご購入いただけます

人気レシピランキング

Ranking

DEPO's オススメレシピ集

Recommend

ハードパン

ハードパン

パイ

パイ

和

DEPO's instagram

Instagram