DEPOレシピ

ふんわり香る『桜のシフォンケーキ』

ふんわり香る『桜のシフォンケーキ』

うぐいす色のような生地は桜の葉のパウダーを混ぜ込んで、食べると口いっぱいに香る桜の風味。ピンクに色付けた桜色のクリームで春らしいシフォンケーキです。
ふわふわのシフォン生地で心もふわりと踊ってしまいそう。

 

『桜のシフォンケーキ』材料(17㎝シフォン型1台分)

シフォン生地材料

卵黄

50g

グラニュー糖

30g

オリーブオイル

25g

牛乳

70g

シロガネ小麦100%(国産薄力粉)

80g

さくらの葉パウダー

5g

メレンゲ材料

卵白

145g

グラニュー糖

65g

 

デコレーション材料

生クリーム

200g

グラニュー糖

20g

食用色素 赤

少量

アラザンピンク

適宜

 
製菓材料DEPO

 

準備しておくこと

・薄力粉とさくらの葉パウダーは合わせてふるっておく。
・牛乳は常温においておく。
・オーブンを190℃に温めておく。

 

『桜のシフォンケーキ』作り方

1. 卵黄とグラニュー糖30gをボウルへいれ、ハンドミキサーで白っぽく、もったりするまで泡立てる。

2. オリーブオイルを少しずつ加え続け、牛乳を2回に分けて加える。
※加えるたびにハンドミキサーで30秒ほどしっかりと混ぜる。ここでしっかり混ぜていないと後で分離の原因になる。

3. 泡立て器に持ち替え、薄力粉とさくらの葉パウダーを一度に加える。

4. 別のボウルに卵白を入れ、グラニュー糖65gのうち小さじ1杯程度を加え、ハンドミキサーで中速1分、高速2分、残りのグラニュー糖を加えて40秒あわ立てる。※出来上がりはかなりしっかりしたメレンゲ。

5. ③のボウルにメレンゲの1/3量を加え、泡立て器でしっかりと混ぜる。泡が消えてしまうくらいまで。

6. 残りのメレンゲに⑤の生地を一度に加え、ゴムベらで軽く混ぜ、⑤の空のボウルに移し変える。

7. 型に移し、オーブンへ入れ、予熱の190℃から170℃に下げて30分焼く。

8. 焼きあがったらすぐに型を逆さにして、背の高いビンなどに置いて冷ます。

9. 生クリームにグラニュー糖を加え、ボウルを氷水につけながら8分立てに泡立て、食用色素 赤を加えてピンク色にする。

10. シフォンが冷めたら型からはずし、全体に生クリームを塗り、ピンクのアラザンで飾る。

 

『桜のシフォンケーキ』ポイント

シフォンの生地はメレンゲを入れたら混ぜすぎないようにしましょう。

 
レシピ/マツウラ カナコ
管理栄養士。
東京代官山イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ卒業。
横浜で料理教室「ミモザクッキング」を主催。洋菓子講師を10年務める。
その後、二児の母となり、フランス菓子を中心とした家庭でも気軽に作れる洋菓子レシピを提案。スイーツコーディネーターとして活動中。

 
テーブルコーディネート/片山けいこ
湘南の自宅にて店舗兼工房k-meals,主宰。
Webメディアへのレシピの執筆、自宅工房での料理教室、ケータリングやプチギフトの制作などフードコーディネーターとして活動中。
肩ひじ張らないあたたかみのある自然体な食ライフスタイルを提案している。
現在3児の母。

このレシピのキーワード

このレシピで使用している材料はこちらからご購入いただけます

人気レシピランキング

Ranking

DEPO's オススメレシピ集

Recommend

ハードパン

ハードパン

パイ

パイ

和

DEPO's instagram

Instagram