DEPOレシピ

ふわふわの皮で包む『角煮まんじゅう』

ふわふわの皮で包む『角煮まんじゅう』

豚の角煮をまんじゅう生地で挟んだ「角煮まんじゅう」。元々は長崎の卓袱料理の豚の角煮をアレンジして作られたものだと言われています。豚の角煮はご飯にも合いますが、ふわふわのまんじゅう生地で挟んで食べると、いつもとは違う美味しさに出会えます。
蒸籠で熱々に蒸しておうちで食べるも良し、ピクニックのお弁当としてお外で食べるも良し。是非お試し下さいね。

 

『角煮まんじゅう』材料(4個分)

皮材料

焼き菓子用薄力粉

100g

スーパーキング(強力粉)

50g

グラニュー糖

大さじ1

ひとつまみ

ベーキングパウダー

小さじ1

ぬるま湯(40℃)

80ml

小さじ1

ドライイースト

3g(1袋)

 

にんにく角煮材料

豚バラブロック

400g

にんにく

5片

★醤油

大さじ4

★砂糖

大さじ2

★酒

大さじ2

★オイスターソース

小さじ1

 

小松菜(ほうれん草)

適量

 

胡麻油

適量

からし(マスタード)

お好みで

 
製菓材料DEPO

 

準備しておくこと

小松菜(ほうれん草でも可)は茹でて水気を切っておく。

 

『角煮まんじゅう』作り方

1. にんにく角煮を作る。鍋にブロック肉と皮を剥いたにんにく、たっぷりの水を入れ中火にかける。途中茹で汁が少なくなったら水を足しながら40分程茹でる。茹で終わったらブロック肉とにんにくを取り出し、茹で汁を捨て鍋を綺麗に洗う。

2. 1の鍋にブロック肉、にんにくを戻し、★印の調味料、水200mlを加える。にんにくは箸でほぐす。中火で肉に煮汁を絡めながら照りがつくまで煮る。(焦げないよう注意する。)
照りがついたら肉をカットし、残った煮汁と一緒に鍋に入れておく。(最後に再度温めるため。)

3. 皮を作る。ホームベーカリーにドライイースト以外の材料を全て入れ、イースト容器にドライイーストを投入し、「パン生地コース」を選択する。
出来上がった生地を取り出し、スケッパーで4等分にして丸め、濡れ布巾を被せて15分程休ませる。

4. 3の生地を楕円形に伸ばし、ヘラで胡麻油を片面に塗る。塗った面が内側になるように半分に折り、クッキングシートの上にのせる。35℃で40分二次発酵させる。

5. 4の生地をのせたままクッキングシートをカットし、蒸し器に入れ10分程蒸す。
2の肉を温めなおし、茹でた小松菜(ほうれん草)と共に生地に挟んで、お好みでからしやマスタードをつけて完成。

 

『角煮まんじゅう』ポイント

・工程4で二次発酵する際、生地が2倍ほどに膨らみます。くっつかないよう生地と生地の間を空けて並べて下さい。

 
(準備時間 5分/調理時間 1時間)

 
レシピ/ akari
4歳、1歳 兄妹の母。フードスタイリスト、食育メニュープランナー。野菜をたくさん取り入れること、旬のものを食べて四季を楽しむこと をモットーに毎日料理しています。instagramには、家族の為に作った日々の御飯を投稿しています。

このレシピのキーワード

このレシピで使用している材料はこちらからご購入いただけます

人気レシピランキング

Ranking

DEPO's オススメレシピ集

Recommend

ハードパン

ハードパン

パイ

パイ

和

DEPO's instagram

Instagram