DEPOレシピ

アイシングでデコレーション『イースタークッキー うさぎ・たまご』

アイシングでデコレーション『イースタークッキー うさぎ・たまご』

春になると街中でみかけるたまごやうさぎのグッズたち。その理由はそろそろイースターが近づいてきたから。イースターとは、十字架にかけられて亡くなったキリストが、その3日目に復活したことを祝う「復活祭」のこと。
うさぎが多産であることから、豊穣や繁栄のシンボルとされていることがもとになっているそうですよ。
いつものクッキーもうさぎ型とたまご型で作って、可愛くアイシングデコレーションしてみませんか?

 

『イースタークッキー うさぎ』(4×6cmうさぎ抜き型 約10枚分)

生地材料

ドルチェ(国産薄力粉)

60g

卵黄

1/2ケ分

無塩バター

30g

砂糖

15g

 

アイシング材料

シュガーパウダー

50g

卵白

小さじ1

食用色素

お好みで

ココアパウダースタンダード

お好みで

 

『イースタークッキー たまご』(4.5×5.5cmたまご形抜き型 約10枚分)

生地材料

ドルチェ(国産薄力粉)

60g

卵黄

1/2ケ分

無塩バター

30g

砂糖

15g

 

アイシング材料

シュガーパウダー

50g

卵白

小さじ1

食用色素

お好みで

アラザン

お好みで

 
製菓材料DEPO

 

準備しておくこと

・バターは常温でやわらかくしておく。
・オーブンペーパーを三角に切り、コルネをつくる。

 

『イースタークッキー うさぎ・たまご』作り方

1. ボウルにバターと砂糖を加えて泡立て器で白っぽくなるまですり混ぜる。

2. 溶いた卵黄を加える。

3. ふるった粉類を加え、粉っぽさがなくなるまでゴムベらで混ぜ、手でまとめる。

4. ラップ材で生地をはさみ、めん棒などで4㎜厚にのばす。冷蔵庫で1時間冷やす。

5. オーブンを170℃に温める。型でぬく。

6. オーブンペーパーを敷いた天板に生地を並べ、170℃のオーブンで10~15分焼く。

7. アイシングをつくる。シュガーパウダーに卵白を加え混ぜる。※固い場合は卵白を少量足して調節してください。

8. <うさぎ>(茶色アイシング)出来上がりのアイシングから少量取り分けココアパウダーを少量加える。

9. <うさぎ>(ピンクアイシング)出来上がりのアイシングから少量取り分け赤色の食用色素を少量加える。

10. <うさぎ>アイシングをコルネに入れ、デコレーションする。

11. <たまご>(色つきアイシング)出来上がりのアイシングから少量取り分け色素を少量加える。

12. <たまご>(下地を塗る)コルネに入れたアイシングでタマゴのアウトラインを描いてからスプーンなどで全体を塗りつぶす。

13. <たまご>(水玉模様)下地のアイシングが乾かないうちにコルネに入れたアイシングで水玉を描く。

14. <たまご>(アラザン仕様)下地が乾かないうちにアラザンを埋め込むようにのせる。

15. <たまご>(線を描く)下地が完全に乾いてからコルネに入れたアイシングでデコレーションする。

 

『イースタークッキー うさぎ・たまご』ポイント

・塗りつぶす場合はコルネでアウトラインを描いてからスプーンなどで塗るときれいに塗れます。
・塗りつぶす場合は少し緩めのアイシング、線などを描く場合は固めのアイシングに調節すると描きやすいです。

 
レシピ/マツウラ カナコ
管理栄養士。
東京代官山イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ卒業。
横浜で料理教室「ミモザクッキング」を主催。洋菓子講師を10年務める。
その後、二児の母となり、フランス菓子を中心とした家庭でも気軽に作れる洋菓子レシピを提案。スイーツコーディネーターとして活動中。

 
テーブルコーディネート/片山けいこ
湘南の自宅にて店舗兼工房k-meals,主宰。
Webメディアへのレシピの執筆、自宅工房での料理教室、ケータリングやプチギフトの制作などフードコーディネーターとして活動中。
肩ひじ張らないあたたかみのある自然体な食ライフスタイルを提案している。
現在3児の母。

このレシピのキーワード

このレシピで使用している材料はこちらからご購入いただけます

人気レシピランキング

Ranking

DEPO's オススメレシピ集

Recommend

ハードパン

ハードパン

パイ

パイ

和

DEPO's instagram

Instagram