DEPOレシピ

インパクト大!ハロウィンにも◎『まるごとかぼちゃプリン』

インパクト大!ハロウィンにも◎『まるごとかぼちゃプリン』

食卓に上がったら、「わぁ」と歓声が上がるようなインパクト大のまるごとかぼちゃプリン。
手のひらサイズの坊ちゃんかぼちゃを使うので、扱いやすくて手軽に作れますよ。
材料はシンプル。かぼちゃそのもののやさしい味わいです。仕上げにはちょっぴり塩気のあるパンプキンシードを飾って、おめかししましょ。

 

『まるごとかぼちゃプリン』材料(10cm大坊っちゃんかぼちゃ1個分)

坊ちゃんかぼちゃ

1個

かぼちゃペースト(※中身から使用)

50g

1個

グラニュー糖

15g

牛乳

100cc

生クリーム

30cc

バニラエッセンス

2、3滴

 

飾り用パンプキンシード

2~5個

 
製菓材料DEPO

 

準備しておくこと

・湯せん焼き用の熱湯を用意する。
・オーブンを予熱する。

 

『まるごとかぼちゃプリン』作り方

1. かぼちゃを良く洗い、ラップ材で包んで、電子レンジ600wで3分温める。

2. かぼちゃの上部(ふたになる)をカットして、スプーンなどで中からわた、種、中身を取り出す。*底は厚めに残す。

3. 中身は熱いうちにつぶしておく。かぼちゃペーストとして50g用意する。

4. プリン液をつくる。小鍋にかぼちゃペースト、牛乳、砂糖、生クリーム、バニラエッセンスを入れ、混ぜてから火にかける。

5. 鍋のまわりが少しフツフツしてきたら火を止める。

6. 別のボウルに卵を入れ泡立て器でほぐす。

7. 6に5を少しずつ加える。一度こす。

8. くりぬいたかぼちゃの周りをアルミホイルで覆い、プリン液を流し入れる。

9. 天板に熱湯を注ぎ、かぼちゃを置く。150℃で30~40分焼く。

10. 表面に薄皮の膜がはり、揺らすと表面がゆれるくらいになったらオーブンから出す。アルミホイルを巻いたまま10分ほどおく。

11. アルミホイルをはずし、粗熱がとれたら冷蔵庫でよく冷やす。表面にパンプキンシードを飾る。

 

『まるごとかぼちゃプリン』ポイント

・プリン液がもれてしまうので、かぼちゃはくりぬきすぎないように。
・アルミホイルを巻いて焼くことで、かぼちゃの退色を防ぎます。
・ぼっちゃんかぼちゃとは、手のひらサイズの小さなかぼちゃのことです。

 
(準備時間 2分/作業時間 20分(焼成時間は除く))

 
レシピ/マツウラ カナコ
管理栄養士。
東京代官山イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ卒業。
横浜で料理教室「ミモザクッキング」を主催。洋菓子講師を10年務める。
その後、二児の母となり、フランス菓子を中心とした家庭でも気軽に作れる洋菓子レシピを提案。スイーツコーディネーターとして活動中。

 
テーブルコーディネート/片山けいこ
湘南の自宅にて店舗兼工房k-meals,主宰。
Webメディアへのレシピの執筆、自宅工房での料理教室、ケータリングやプチギフトの制作などフードコーディネーターとして活動中。
肩ひじ張らないあたたかみのある自然体な食ライフスタイルを提案している。
現在3児の母。

このレシピのキーワード

このレシピで使用している材料はこちらからご購入いただけます

人気レシピランキング

Ranking

DEPO's オススメレシピ集

Recommend

ハードパン

ハードパン

パイ

パイ

和

DEPO's instagram

Instagram