DEPOレシピ

桜の香り詰め込んだ『桜あんぱん』

桜の香り詰め込んだ『桜あんぱん』

パン生地の中にも桜のフレークを練りこんで、中にはピンク色が美しい桜あん。桜の香りをたっぷり詰め込んだ桜あんぱんのご紹介です。
—–2018/3/16より再掲載—–
暖かくなるこれからの季節、桜あんぱんをもってピクニックやお花見はいかが?優しく香る桜の香りに、ふんわり幸せな気分になれそうですよ。

 

『桜あんぱん』材料(4個分)

生地材料

春よ恋100%(国産強力粉)

120g

特宝笠(薄力粉)

30g

桜の花のフレーク

2g

ブラウンシュガー

25g

2g

ドライイースト

3g

溶き卵

30g

牛乳

30g

30g

無塩バター

25g

 

フィリング材料

桜あん

160g

 

トッピング材料

溶き卵(仕上げ用)

適宜

さくらの花(塩漬け)

4つ

製菓材料DEPO

 

準備しておくこと

・桜あんは40gずつに分け、ラップで茶巾包みにして用意しておく。
・さくらの花は湯にしばらく浸けて塩抜きした後、水気をよくとっておく。

 

『桜あんぱん』作り方

1. ボウルにバター以外の生地の材料を入れ、水気がなくなるまで木ベラで混ぜる。

2. 生地をボウルから取り出し、台の上でこすりつけるようにこねる。

3. まとまってきた生地を少し広げてバターをのせ、全体に良く馴染ませるようにこねる。

4. 途中、台の上にたたきつけては折り返し、90度ずつ向きを変えてたたくを繰り返しながら、ムラがなく弾力のある生地になるまでこねる。

5. 生地にツヤが出てなめらかになり、生地の一部を指で優しく伸ばして薄い膜が出来ていたらこね上がり。

6. 生地の表面を張らせて丸め、とじ目を下にしてボウルに戻しラップをかけ、27~30℃で約60分一次発酵させる。

7. 生地が元の大きさの2倍に膨らんだら発酵終了。

8. 生地をボウルから取り出し、とじ目が下のまま手で優しく押さえてガス抜きする。

9. 生地をスケッパーで4等分に切り分け、カットした面を底に集めるようにしてそれぞれ丸め直しとじ目を下にしておく。

10. 固く絞ったぬれ布巾をかけて約10分のベンチタイム。

11. 生地のとじ目が下のまま手で優しく押さえてガス抜きし、とじ目を上に返して手の平くらいの大きさに広げる。

12. 真ん中に準備しておいたあんをのせ、左右・上下の生地をつまんで閉じ丸く形を整える。残りも同様にする。

13. オーブンペーパーを敷いた天板に生地を並べ、天板ごとビニール袋をかぶせ、27~30℃で約60分二次発酵させる。

14. 2倍の大きさ位まで膨らんだら発酵終了。
※時間を逆算してオーブンを200℃に温めておく。

15. 生地の表面に溶き卵を塗り、さくらの花をのせる。

16. 180℃のオーブンで約10~12分焼く。

レシピ/ヒロサキ ヨシコ
管理栄養士。
栄養士としての経験を活かし、ベーカリーショップ、カフェなどでパンを提供。
その後、2児の母となり、家庭で作りやすく、体にやさしいパンレシピを提案している。

テーブルコーディネート/片山けいこ
湘南の自宅にて店舗兼工房k-meals,主宰。
Webメディアへのレシピの執筆、自宅工房での料理教室、ケータリングやプチギフトの制作などフードコーディネーターとして活動中。
肩ひじ張らないあたたかみのある自然体な食ライフスタイルを提案している。
現在3児の母。

このレシピのキーワード

このレシピで使用している材料はこちらからご購入いただけます

人気レシピランキング

Ranking

DEPO's オススメレシピ集

Recommend

ハードパン

ハードパン

パイ

パイ

和

DEPO's instagram

Instagram