DEPOレシピ

もっちもち食感がたまらない『チーズカレーナン』

もっちもち食感がたまらない『チーズカレーナン』

とろ〜リチーズとカレーは最強の組み合わせ。今日は手作りナンの上にどちらものせて、チーズカレーナンにしてみましょ。リスドォルを使って作る手作りのナンは、香ばしい豊かな小麦の香りともっちもちの食感が絶品です。
カレーをのせたり、チーズをのせたり、お子様と一緒に作ってみるのも楽しいひと時になりそうですね。

もっちもち食感がたまらない『チーズカレーナン』のアップ

もっちもち食感がたまらない『チーズカレーナン』の切り口

 

『チーズカレーナン』材料(6個分)

ナン生地材料

リスドォル(準強力粉)

280g

砂糖

10g

5g

よつ葉乳業 無塩バター

10g

ドライイースト

2g

160cc

レモン汁

小さじ1

 

具材料

カレー(レトルトや残ったものでも)

30~40g×6個分

ピザ用チーズ

15g×6個分

 
製菓材料DEPO

もっちもち食感がたまらない『チーズカレーナン』材料

 

準備しておくこと

・カレーの具が大きい物は小さく刻んでおく

 

『チーズカレーナン』作り方

1.生地の材料を全てホームベーカリーに入れ、1次発酵まで行う。取り出したらガスを抜き、丸めなおしてボウルに入れ、濡れ布巾を掛けて全体をビニール袋で包み、1時間から2時間ほど1次発酵2回目を行う。途中指に粉をつけ、生地の真ん中に指を刺し、すぐに生地が戻ってこなければ発酵終了。

もっちもち食感がたまらない『チーズカレーナン』台の上に出した生地

もっちもち食感がたまらない『チーズカレーナン』生地をまとめる

もっちもち食感がたまらない『チーズカレーナン』生地の一次発酵

もっちもち食感がたまらない『チーズカレーナン』一次発酵後

もっちもち食感がたまらない『チーズカレーナン』生地を指で押してみる

2.生地を取り出し、軽くパンチングする。6等分して丸める。濡れぶきんを掛け、ベンチタイム40分。

もっちもち食感がたまらない『チーズカレーナン』生地をパンチングする

もっちもち食感がたまらない『チーズカレーナン』生地に濡れ布巾をかける

3.手粉をしてガスを軽く抜き、麺棒で厚さ1cmくらいの楕円にする。

もっちもち食感がたまらない『チーズカレーナン』生地を伸ばす

もっちもち食感がたまらない『チーズカレーナン』生地を楕円に伸ばす

4.ビニール袋で覆い、2次発酵60分。

もっちもち食感がたまらない『チーズカレーナン』生地の二次発酵

もっちもち食感がたまらない『チーズカレーナン』二次発酵後

5.250℃に予熱したオーブンを230℃に下げ、霧吹きをかけた生地を10分焼く。

もっちもち食感がたまらない『チーズカレーナン』生地を焼く

6.オーブンを200℃に下げ、具とチーズをのせて5分から10分焼く。

もっちもち食感がたまらない『チーズカレーナン』具とチーズをのせる

もっちもち食感がたまらない『チーズカレーナン』焼く

もっちもち食感がたまらない『チーズカレーナン』焼いたところ

もっちもち食感がたまらない『チーズカレーナン』食卓に並べているところ

 

『チーズカレーナン』ポイント

カレーやチーズはお好みの量をのせてください。

もっちもち食感がたまらない『チーズカレーナン』手で持っているところ

 
(作業時間 30分(ホームベーカリー作業、発酵・焼成時間は除く))

 
レシピ/ヒロサキ ヨシコ
管理栄養士。
栄養士としての経験を活かし、ベーカリーショップ、カフェなどでパンを提供。
その後、2児の母となり、家庭で作りやすく、体にやさしいパンレシピを提案している。

 
テーブルコーディネート/片山けいこ
湘南の自宅にて店舗兼工房k-meals,主宰。
Webメディアへのレシピの執筆、自宅工房での料理教室、ケータリングやプチギフトの制作などフードコーディネーターとして活動中。
肩ひじ張らないあたたかみのある自然体な食ライフスタイルを提案している。
現在3児の母。

このレシピのキーワード

このレシピで使用している材料はこちらからご購入いただけます

人気レシピランキング

Ranking

DEPO's オススメレシピ集

Recommend

ハードパン

ハードパン

パイ

パイ

和

DEPO's instagram

Instagram