DEPOレシピ

白神こだま酵母ドライGで作る『新玉ねぎとツナのパン』

白神こだま酵母ドライGで作る『新玉ねぎとツナのパン』

主食とおかずが一緒になった調理パンは、朝食やちょっと小腹が空いた時に嬉しいですね。
パウンド型を使って作るこちらのレシピは、生地作りはホームベーカリーにお任せ。そして具材をのせて焼くだけなのでとってもお手軽に作れます。無添加の天然酵母 白神こだま酵母ドライGを使うことで、自然な甘みとしっとりやわらかな仕上がりに。
たっぷりの具材とふんわりとしたパン生地がお腹も心も満たしてくれそう。

白神こだま酵母ドライGで作る『新玉ねぎとツナのパン』を切ったところ

白神こだま酵母ドライGで作る『新玉ねぎとツナのパン』を切っているところ

白神こだま酵母ドライGで作る『新玉ねぎとツナのパン』のアップ

 

『新玉ねぎとツナのパン』材料(パウンド型65×175×45mm 2個分)

生地材料

春よ恋 増田製粉(強力粉)

250g

砂糖

30g

5g

よつ葉乳業 無塩バター

45g

卵と合わせて170g

1個(うち大1ほど卵液用に取っておく)

バターミルクパウダー

7g

白神こだま酵母ドライG

3g

 

フィリング材料

ツナ缶

1缶

新玉ねぎ

小玉1/2個

マヨネーズ

大さじ1

適宜

コショー

適宜

 

仕上げ材料

溶き卵

大さじ1

大さじ1/2

 
製菓材料DEPO

白神こだま酵母ドライGで作る『新玉ねぎとツナのパン』の材料

 

準備しておくこと

・ツナと新玉ねぎは調味料を入れ合わせておく。

白神こだま酵母ドライGで作る『新玉ねぎとツナのパン』の具材をボウルに入れている

白神こだま酵母ドライGで作る『新玉ねぎとツナのパン』の具材を混ぜる

 

『新玉ねぎとツナのパン』作り方

1. ホームベーカリーに生地の材料を全て入れ、一次発酵まで行う。

2. 新玉ねぎをスライスしておく。

白神こだま酵母ドライGで作る『新玉ねぎとツナのパン』玉ねぎをスライスする

3. 粉を振り、一度台に出し、生地を三つ折にして、蓋付き容器に入れ、野菜室で1時間生地を休ませる。

白神こだま酵母ドライGで作る『新玉ねぎとツナのパン』生地を畳む

白神こだま酵母ドライGで作る『新玉ねぎとツナのパン』生地を容器に入れる

4. 粉を振り、生地を台に出し、ガスを抜く。2分割し、丸め、濡れ布巾を掛けベンチタイム15分。

白神こだま酵母ドライGで作る『新玉ねぎとツナのパン』生地をスケッパーで切る

白神こだま酵母ドライGで作る『新玉ねぎとツナのパン』生地を丸める

5. 粉を振り、生地を麺棒でパウンド型の大きさにのばす。端をスケッパーで切り、ころころと伸ばし、縁を作る。

白神こだま酵母ドライGで作る『新玉ねぎとツナのパン』生地を型に合わせてきる

白神こだま酵母ドライGで作る『新玉ねぎとツナのパン』型に合わせて切った生地

白神こだま酵母ドライGで作る『新玉ねぎとツナのパン』生地で縁を作る

6. パウンド型に生地を入れ、縁の部分ものせて角をしっかりと付ける。全体をビニール袋で覆い、暖かいところで二次発酵約1時間。(生地がふっくらとしたら発酵完了)

7. 具を余分な水分を切りながらのせる。オーブン210度で予熱。180度に下げ、溶き卵を縁に塗り25分ほど焼く。

白神こだま酵母ドライGで作る『新玉ねぎとツナのパン』生地に具材を乗せる

白神こだま酵母ドライGで作る『新玉ねぎとツナのパン』焼き上がり

白神こだま酵母ドライGで作る『新玉ねぎとツナのパン』が置かれているところ

 

『新玉ねぎとツナのパン』ポイント

生地が少しやわらかめなので、1次発酵後野菜室に入れて扱いやすくしました。

 
(作業時間 30分(発酵、焼成時間は除く))

 
レシピ/ヒロサキ ヨシコ
管理栄養士。
栄養士としての経験を活かし、ベーカリーショップ、カフェなどでパンを提供。
その後、2児の母となり、家庭で作りやすく、体にやさしいパンレシピを提案している。

 
テーブルコーディネート/片山けいこ
湘南の自宅にて店舗兼工房k-meals,主宰。
Webメディアへのレシピの執筆、自宅工房での料理教室、ケータリングやプチギフトの制作などフードコーディネーターとして活動中。
肩ひじ張らないあたたかみのある自然体な食ライフスタイルを提案している。
現在3児の母。

このレシピのキーワード

このレシピで使用している材料はこちらからご購入いただけます

人気レシピランキング

Ranking

DEPO's オススメレシピ集

Recommend

ハードパン

ハードパン

パイ

パイ

和

DEPO's instagram

Instagram