DEPOレシピ

白神こだま酵母ドライGで作る『クリームチーズロール』

白神こだま酵母ドライGで作る『クリームチーズロール』

クリームチーズとレーズンを包んだだけなのに、どうしてこんなにも美味しいんだろう…素直にそんな感想がこぼれてしまうほど、ふわふわの生地に包まれたチーズとレーズンは最強コンビ。無添加の天然酵母 白神こだま酵母ドライGを使ったしっとり柔らかな生地に、バターと卵の風味が感じられるちょっぴりリッチなおやつパンです。

白神こだま酵母ドライGで作る『クリームチーズロール』の断面

白神こだま酵母ドライGで作る『クリームチーズロール』が切られ並べられている

 

『クリームチーズロール』材料(8個分)

生地材料

春よ恋100%(強力粉)

250g

砂糖

30g

5g

明治 無塩バター

45g

卵と合わせて170g

※ 卵のうち、大さじ1ほど卵液用に取っておく。

バターミルクパウダー

7g

白神こだま酵母ドライG

3g

 

フィリング材料

クリームチーズ

80g

サルタナレーズン

60g

 

仕上げ材料

溶き卵

大さじ1

大さじ1/2

 

グラニュー糖

適宜

 
製菓材料DEPO

 

『クリームチーズロール』作り方

1. ホームベーカリーに生地の材料を全て入れ、一次発酵まで行う。

2. 粉を振り、一度台に出す。生地を三つ折にして、蓋付き容器に入れ、野菜室で1時間生地を休ませる。

白神こだま酵母ドライGで作る『クリームチーズロール』の生地を台に出す

白神こだま酵母ドライGで作る『クリームチーズロール』の生地を折りたたむ

白神こだま酵母ドライGで作る『クリームチーズロール』の生地を容器に入れる

3. 粉を振り、生地を台に出し、ガスを抜く。8分割し、丸め、濡れ布巾を掛けベンチタイム15分。

容器に入っている白神こだま酵母ドライGで作る『クリームチーズロール』の生地

白神こだま酵母ドライGで作る『クリームチーズロール』生地をスケッパーできる

白神こだま酵母ドライGで作る『クリームチーズロール』生地を丸める

4. 粉を振り、生地を手で平らにし、レーズンを均等に分ける。その上にクリームチーズを約10gのせる。

白神こだま酵母ドライGで作る『クリームチーズロール』生地を平らにする

白神こだま酵母ドライGで作る『クリームチーズロール』生地にレーズンをおく

白神こだま酵母ドライGで作る『クリームチーズロール』生地にクリームチーズをおく

5. 具が出ないように包み込む。

白神こだま酵母ドライGで作る『クリームチーズロール』生地に具材を包み込む

白神こだま酵母ドライGで作る『クリームチーズロール』具材を包む例

6. オーブンペーパーを敷いた天板にくっつかないように並べ、全体をビニール袋で覆い暖かいところで二次発酵約1時間。(生地がふっくらとしたら発酵完了)

白神こだま酵母ドライGで作る『クリームチーズロール』生地を天板に並べる

白神こだま酵母ドライGで作る『クリームチーズロール』生地をビニールでおおう

7. オーブンを210度に予熱。180度に下げ、溶き卵を塗りグラニュー糖をかけ、15分ほど焼く。

白神こだま酵母ドライGで作る『クリームチーズロール』生地に溶き卵を塗る

白神こだま酵母ドライGで作る『クリームチーズロール』生地に砂糖をかける

白神こだま酵母ドライGで作る『クリームチーズロール』焼き上がり

白神こだま酵母ドライGで作る『クリームチーズロール』を並べたところ

 

『クリームチーズロール』ポイント

生地が少しやわらかめなので、一次発酵後野菜室に入れて扱いやすくしました。

 
(作業時間 約20分(ホームベーカリー作業、発酵、焼成時間は除く))

 
レシピ/ヒロサキ ヨシコ
管理栄養士。
栄養士としての経験を活かし、ベーカリーショップ、カフェなどでパンを提供。
その後、2児の母となり、家庭で作りやすく、体にやさしいパンレシピを提案している。

 
テーブルコーディネート/片山けいこ
湘南の自宅にて店舗兼工房k-meals,主宰。
Webメディアへのレシピの執筆、自宅工房での料理教室、ケータリングやプチギフトの制作などフードコーディネーターとして活動中。
肩ひじ張らないあたたかみのある自然体な食ライフスタイルを提案している。
現在3児の母。

このレシピのキーワード

このレシピで使用している材料はこちらからご購入いただけます

人気レシピランキング

Ranking

DEPO's オススメレシピ集

Recommend

ハードパン

ハードパン

パイ

パイ

和

DEPO's instagram

Instagram